Videos

Dark City (1998) / ダークシティ

『ダークシティ』(原題: Dark City)は、1998年にアメリカで製作されたアレックス・プロヤス監督、ルーファス・シーウェル主演のSFスリラー映画である。

Dark City (1998) / ダークシティのあらすじ

太陽が出ない街、夜12時になると何故か人々や車などが止まるダークシティ。ある日、マードック(ルーファス・シーウェル)が目を覚ますとそこはバスタブの中。それまでの記憶もなく、自分が一体なぜそこにいるのかわからず全裸のまま歩いていくと、ベッドのそばには若い娼婦の死体が。次第に連続娼婦殺人事件の犯人が自分になっていることを知ったマードックは、殺人も何も身に覚えがない。何者かによって記憶を略奪されたことを知ったマードックは、頭の片隅にわずかに残っている記憶を頼りに、そんな疑惑を晴らそうとする。そんなうちに精神科医と名乗るシュレーバー博士(キーファー・サザーランド)や敏腕刑事のバムステッド警部(ウィリアム・ハート)、そして妻であるエマ(ジェニファー・コネリー)らと接触を図ったマードックは、次第にその町の住民たちにはびこる“記憶”の曖昧さに気づいていく。かつて生まれ育った“シェル・ビーチ”への行き方は誰に聞いてもわからず、周囲の人間たちの幼少時代の記憶さえ曖昧だ。そんな時、マードックの前に黒ずくめの怪しい集団が現れる。その集団は超能力を自在に操り、人間たちの記憶を操作していることを突き止めるマードック。しかしそんな彼らと同じような能力を持っていることに気づき始めたマードックは、まわりの協力も得て、謎の集団に立ち向かっていく。