Videos

Sunshine (2007) : サンシャイン 2057

『サンシャイン 2057』(原題: Sunshine)は、2007年のイギリス映画。
太陽が衰え人類が滅亡の危機に瀕している近未来(2057年)を舞台に、核爆弾で太陽の活動を蘇らせるために、宇宙船イカロス号で太陽へ向かった8人の乗組員を描いたSF映画。

 ・ amazon prime : Sunshine (2007) / サンシャイン 2057
 ・ U-NEXT : Sunshine (2007) / サンシャイン 2057
 ・ dTV : Sunshine (2007) / サンシャイン 2057
 ・ youtube : Sunshine (2007) / サンシャイン 2057

Sunshine (2007) / サンシャイン 2057のあらすじ

西暦2057年、太陽はその輝きを弱め、地球は氷に閉ざされた世界になっていた。死に近づいた太陽に向かう宇宙船イカロス2号には、日本人船長カネダをはじめ、副船長のハーヴェイ、物理学者のキャパ、精神科医のサール、植物学者のコラゾン、エンジニアのメイスとトレイ、パイロットのキャシーで成る国際色豊かな8人が乗り込んでいた。彼らの使命はマンハッタン島ほどもある核爆弾で太陽を再活性化させることであった。
しかし、イカロス2号がスイングバイのため水星に接近した際、7年前(つまり「2050」年)に原因不明のまま消息を絶ったイカロス1号からの救助信号を受け取る。地球の存続のためそのまま太陽に向かうか、まず1号の救助に向かうかでクルー達は激しく議論を交わすが、結局軌道を修正しイカロス1号へ向かうことにする。しかし、その途中で軌道修正を担当したトレイが太陽光線を遮蔽するためのシールドの角度を修正し忘れる。このミスにより、シールド表面のパネルを損傷する。また、その修理中に酸素や食物を生成する菜園に火災が発生し、大部分の酸素と酸素製造能力を喪失してしまう。その際爆発の反動により船体が回転し、それを修正するためイカロス2号は自動制御に入る。ミッション遂行のために船員はイカロスの判断を却下せず、修理作業のためぎりぎりまでシールド上を動くことができなかったカネダは強烈な太陽光線に焼かれて死んでしまう。カネダとキャパの活躍によって船体の崩壊は免れたものの、核爆弾の投下まで船内の酸素を維持することのできなくなったイカロス2号は酸素の補給のためにもイカロス1号にアプローチするしかなくなる。7年の月日でほこりまみれになった1号に乗り込んだキャパ、メイス、サール、ハーヴェイの4人は水も酸素も植物も問題のない1号の船内を見て、何故彼らがミッションを放棄したのか理解に苦しむ。1号の船長ピンバッカーが残した映像には爛れた皮膚で「神の意思だ」と語る彼自身の姿が記録され、メインフレームは人為的に破壊されており、物資はおろか核弾頭さえ再利用できない状況であった。