Videos

The Andromeda Strain (1971) / アンドロメダ…

『アンドロメダ…』(The Andromeda Strain)は、1971年のロバート・ワイズ監督による映画作品。マイケル・クライトンのSF小説『アンドロメダ病原体』を原作としている。

The Andromeda Strain (1971) / アンドロメダ… のあらすじ

「宇宙空間の微生物を回収し、新しい生物兵器を作り出す」ことを目的とした人工衛星「スクープ7号」がアメリカのアリゾナ州のピードモントという、砂漠の中の小さな町に着陸した。車両を使った回収部隊が予定通りピードモントに向かったが、町は全く沈黙しており、車上からはひと気が全く認められなかった。だが、誰かがいるという報告があった直後、回収部隊からの連絡は途絶えてしまった。スクープ衛星の司令部は軍用偵察機を発進させてピードモントを空中から撮影し、町の住人及び回収部隊が(1人を除いて)死滅している事を確認した(ただし家屋内にもう1人生存者がいた)。事態を重視した計画責任者のマンチェック少佐は、ワイルドファイア警報の発令を上申した。