Videos

War of the Worlds (1953) / 宇宙戦争

『宇宙戦争』(うちゅうせんそう、The War of the Worlds)は、1953年公開のアメリカ合衆国の映画。H・G・ウェルズのSF小説『宇宙戦争』を、ジョージ・パルとパラマウント映画が映画化した作品である。主演はジーン・バリー.

2005年にスティーヴン・スピルバーグが主演トム・クルーズで『宇宙戦争(2005)』リメイクした。

War of the Worlds (1953) / 宇宙戦争のあらすじ

ある日、世界各地に隕石が降り注いだ。科学者のフォレスター博士は、カリフォルニアに落下した隕石の分析を依頼されるが、その大きさの割にはクレーターが小さいことを不思議に思う。フォレスターは現場にいた教師のシルヴィア、彼女の叔父で牧師のコリンズを頼って近くの街に滞在し、さらに詳しい分析をしようと試みる。落下現場に監視が付けられたその夜、隕石の中から突如アームのようなものが伸びて光線を放ち、監視の男達を焼き殺してしまう。空からまたも降ってきた隕石と、殺された男達の哀れな姿を見たフォレスター達は、軍隊の出動を要請する。
 隕石の周囲を取り囲む軍隊の前に、恐るべきものが出現した。アームの正体は、火星人が地球侵略のために建造した戦闘兵器の一部だったのだ。牧師のコリンズは火星人との対話を試みるも光線を浴び、シルヴィアの前であえなく消え去った。ついに軍隊の総攻撃が始まるが、目に見えないバリヤーに守られた戦闘兵器は砲弾も何も通じず、軍は撤退を余儀なくされる。フォレスターとシルヴィアも退避を図るが、搭乗したセスナ機が途中で不時着し、荒野に放り出されてしまう。
 何とか民家へと逃げこむ二人。だか彼等は、そこで新たに送り込まれた戦闘兵器と遭遇する……